1. HOME
  2. お知らせ&イベント
  3. プレスリリース
  4. Nessum(旧 HD-PLC)第4世代搭載の新型PLINEⅡを販売開始

Nessum(旧 HD-PLC)第4世代搭載の新型PLINEⅡを販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Nessum(旧 HD-PLC)第4世代搭載の新型PLINEⅡを販売開始

会員プレスリリース:東朋テクノロジー株式会社

Nessum(旧 HD-PLC)第4世代搭載の新型PLINEⅡを販売開始

 

ケーブルの種類に関わらず2本の線でEthernet/RS485を通信できるPLINE2線式タイプにおいて、業界初となるクアトロコアを搭載、周波数帯が従来の2倍になり通信距離・通信量の性能が向上しました

産業用通信機器や半導体向け検査装置を開発・製造する東朋テクノロジー株式会社(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役社長:富田英之、以下 東朋)は、Nessum(ネッサム・ 旧HD-PLC)第4世代規格であるIEEE1901-2020に準拠した産業用通信装置「PLINEⅡ」の2線式タイプを、業界で初めて※量産出荷します。(※Nessumアライアンス 24年1月9日認定)

・第四世代規格・IEEE1901-2020(クアトロコア)とは?

IEEE1901-2020規格(クアトロコア)は従来のHD-PLC規格に対し、帯域を2段階(1/2倍・1/4倍)に縮小することで最大約2倍の長距通信が可能になり、更に帯域を拡張することで高速化に対応できます。
通信距離が更に伸びることで、工場やビル・インフラ施設などの広い環境下でも、省台数で通信を構築できるようになります。また、物理層の通信速度が高速化することで、チャンネルを分けて使用することができるようになり、同じ配線上に複数のネットワークを構築する用途でもメリットが期待されています。

東朋では第3世代に続き、この第4世代クアトロコアを搭載した産業用通信装置PLINEを業界で初めて開発し、24年1月10日より受注を開始します(2月より出荷開始予定)。年間10,000台の販売を目指しています。

PLINEⅡの特徴
ケーブルの種類に関わらず、2本の線でEthernet/RS485の通信ができます
・用途に合わせて「通信モード」と「通信チャンネル」を選択できます
・より使いやすくなったインターフェイス・サポートツール

 
詳細は、東朋テクノロジー社ホームページをご覧ください。
【詳細情報】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お問合せ・ご相談はこちらか

Nessumに関するお問い合わせやメルマガのお申込みは、以下のリンクよりお願いします。