1. HOME
  2. お知らせ&イベント
  3. プレスリリース
  4. パナソニック ホールディングスの開発技術がIEEEの次世代通信規格の技術ドラフトとして承認

パナソニック ホールディングスの開発技術がIEEEの次世代通信規格の技術ドラフトとして承認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パナソニック ホールディングスの開発技術がIEEEの次世代通信規格の技術ドラフトとして承認

会員プレスリリース:パナソニックホールディングス株式会社

~ブランド名を「Nessum」と改めグローバル展開を加速~

 

パナソニック ホールディングス株式会社(以下、当社)が参画するIEEE標準規格協会(注2)の次世代通信規格IEEE P1901c(注3)の作業部会にて、当社が開発したWavelet OFDM(注4)方式をベースとする技術がドラフト1.0として8月に承認されました。本規格は、同じ変復調方式を様々な通信媒体(Any Media:有線、無線、海中含む)で利用可能であり、IoT社会を実現する通信手段の1つとして貢献することを目的としています。当社はこの承認を機に、通信技術のブランド名「HD-PLC(注5)」から「Nessum(注6)」と変更し、さらなる普及を目指しグローバル展開を加速します。

今回技術ドラフトとして承認された次世代通信規格では、有線通信として利用周波数を従来のメガヘルツ帯からキロヘルツ帯まで拡張することで、様々な通信媒体での更なる通信の長距離化が可能となります。また、アンテナを利用し、微弱電波による無線通信に適用することで、セキュアかつ通信範囲を制限可能な近距離高速無線(注7)が実現可能です。加えて、従来困難とされていた(注8)海中でのIoT通信の実現にも貢献します。本技術の海中・水中IoTへの適用は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT(エヌアイシーティー))のBeyond 5G研究開発促進事業「研究開発課題名 海中・水中IoTにおける無線通信技術の研究開発(採択番号02301)」(注9)に採択され、技術開発とともに実証実験を進めております。

これまで当社は、この技術を有線通信に活用し高速電力線通信「HD-PLC」という名称で訴求してきました。この「HD-PLC」は2000年当初、家庭内での電力線を使った高画質の映像通信を目的に名づけられました。しかし現在、この技術は映像伝送以外の用途や、電力線のみならず同軸線や専用線にも活用できることから、ビルや工場などに広がっています。さらには近距離高速無線技術として、スマートファクトリー、海中・水中IoT通信での活用が始まっています。このように技術の進化とともに当初の目論見を超えた領域でこの技術が活用され始めたため、今回のドラフト承認のタイミングで、そのイメージをグローバルに一新するため、ブランド名を「Nessum」にリニューアル致しました。

今後IEEEの国際標準規格として採択されると、世界中の様々な分野への導入が進むことにより、IoT機器の導入コストの低減にも貢献することが期待されます。当社は、従来の「HD-PLC」同様、当社グループにおける商品やサービスに活用すると共に、他企業にライセンス供与することで、同技術の幅広い普及に努めてまいります。また、当社が2007年に設立したHD-PLCアライアンス(注10)において、「Nessum」ブランドの活用について検討がはじまっており、引き続き、会員24社とともに、技術の国際規格化、互換認証、普及促進に努めてまいります。

  詳細は、パナソニックホールディングス社ホームページをご覧ください。
【詳細情報】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お問合せ・ご相談はこちらか

Nessumに関するお問い合わせやメルマガのお申込みは、以下のリンクよりお願いします。