1. HOME
  2. お知らせ&イベント
  3. プレスリリース
  4. 都市型水族館「AOAO SAPPORO」(札幌市)に 世界初となる最新規格の高速電力線通信を導入

都市型水族館「AOAO SAPPORO」(札幌市)に 世界初となる最新規格の高速電力線通信を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
都市型水族館「AOAO SAPPORO」(札幌市)に 世界初となる最新規格の高速電力線通信を導入

会員プレスリリース:株式会社ミライト・ワン/株式会社ソシオネクスト

【株式会社ミライト・ワン/MMD株式会社/株式会社ソシオネクスト】

都市型水族館「AOAO SAPPORO」(札幌市)に 世界初となる最新規格の高速電力線通信を導入

 

株式会社ミライト・ワン(本社:東京都江東区、代表取締役:中山俊樹、以下ミライト・ワン)およびMMD株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:加藤尚行、以下MMD)は、両社による共同企業体(以下共同企業体)が施工した都市型水族館「AOAO SAPPORO」(札幌市中央区南2条西3丁目、2023年7月20日開業予定) において、水濾過設備や人工海水製造装置、各種水槽の水温・流量等の監視や制御により水族や生き物の快適な環境を創り続けるLSS(Life Support System)の情報収集に必要となる通信手法として、最新規格の高速電力線通信である第4世代HD-PLC™を採用し運用を開始しました。

株式会社ソシオネクスト(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:肥塚雅博)は、LSSの情報収集を行うシステムで必要となる第4世代HD-PLC™を実現する通信用LSIを開発・供給するとともに、共同企業体との実証試験を行い、最新規格の高速電力線通信としては世界初※ となる社会実装の実現に貢献しました。

第4世代HD-PLC™は、高速電力線通信技術である国際規格(IEEE1901-2020)に準拠しており、情報機器が通信するための専用通信ネットワーク(有線・無線)を使用せず、一般施設の配電線(電力線など)を利用して通信を実現します。この特徴により、新設や既存の設備機器との情報通信を支えるスマートコネクティッド社会の通信規格として注目されています。

最新規格の高速電力線通信の採用メリットは、新たに通信ネットワークを敷設することなく常時通信が可能となり、省線化による図面レス、工期短縮、イニシャルコストを抑えつつ、安定した通信環境・通信速度を維持出来ることにあります。このような設備機器やエネルギーの情報収集には、新設・既設問わず、配電線を活用した通信手段が有効であると共同企業体は判断して採用に至りました。

ミライト・ワンおよびMMDは、今後も設備機器やエネルギーの情報収集、制御を行う際のイニシャルコストやLCC削減に寄与する通信技術の1つとして同技術を採用することで、脱炭素社会の実現に貢献していきます。

※最新規格のHD-PLC™を電力線通信で初めて社会実装した例。株式会社ソシオネクスト調べによる。
 HD-PLCは、パナソニック ホールディングス株式会社の日本、その他の国における商標または登録商標です。

 

  詳細は、各社ホームページをご覧ください。
【詳細情報】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種お問合せ・ご相談はこちらか

Nessumに関するお問い合わせやメルマガのお申込みは、以下のリンクよりお願いします。